フードロス。

今日、J-WEVEラジオを聴いていたら・・・


「フードロス問題。」


について語っていた。


フードロスって何??


ネットで調べていくと・・・


『消費者庁』っていうのもあるのですね。


初めて知りました。目から鱗・・・。


そこに記されていました。


食品ロス(フードロス)とは、まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。


日本では、年間2,775万トンの食品廃棄物等が出されています。このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は621万トン。


これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(平成26年で年間約320万トン)の約2倍に相当します。


また、食品ロスを国民一人当たりに換算すると”お茶腕約1杯分(約134g)の食べもの”が毎日捨てられていることになるのです。「もったいない」と思いませんか?


大切な資源の有効活用や環境負荷への配慮から、食品ロスを減らすことが必要です。
※農林水産省及び環境省「平成26年度推計」


とても考えさせられました。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。